下田 武

no image

副作用

薬物性肝障害

2020/7/27  

●概要 薬物の化学変化は肝臓で行われることが多く、さまざまな化学物質が肝臓に出現するため、医薬品の使用により肝臓が障害される「薬物性肝障害」が誘発される場合がある。 ●症状 ・倦怠感 ・食欲不振 ・発 ...

no image

副作用

難聴

2020/7/27  

●概要 「難聴」は、中耳炎や高齢者でよく見られる症状であるが、医薬品の使用により誘発されることがある。医薬品の使用により誘発された難聴は、内耳(音を脳が感知するために電気信号に変換する場所)が障害され ...

no image

副作用

緑内障

2020/7/27  

●概要 緑内障とは、眼圧が高いなどの原因により視神経が障害され、視野に中に見えない部分ができたり、視野が狭くなる状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 医薬品による緑内障は、房水( ...

no image

副作用

網膜・視路障害

2020/7/27  

●概要 網膜・視路障害とは、網膜と視神経や視路(網膜の情報が視神経を経て脳の第一次視覚中枢に至る経路)に現れる変化のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 一般的に両方の目に同時に同程度 ...

no image

副作用

角膜混濁

2020/7/27  

●概要 角膜混濁とは、黒目の部分(角膜)が混濁し、白く濁った状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 放置すると、重い視野障害を誘発することがあるので早めに対処する必要がある。 ●症 ...

no image

副作用

治療関連骨粗鬆症

2020/7/27  

●概要 骨粗鬆症とは、新陳代謝のバランスが崩れ、骨が脆くなった骨格疾患のことであり、医薬品の服用により誘発されることがある。 ●症状 ・25歳時と比べて身長が 4cm以上低下した ・背中が丸くなった ...

no image

副作用

心室頻拍

2020/7/27  

●概要 心室頻拍とは、心室を発生源とする不整脈のことであり、1分間当たりの心拍数が120回以上となる(正常の1分間当たりの心拍数:60〜100回)。 自覚症状がないままに正常に戻り、知らないうちに繰り ...

no image

副作用

うっ血性心不全

2020/7/27  

●概要 うっ血性心不全とは、心機能障害の1つで、さまざまな要因(心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症など)により心臓のポンプ機能が低下し、全身に十分な血液を送り出すことができない状態のことであり、医薬品の服用 ...

no image

副作用

悪性症候群

2020/7/27  

●概要 精神神経用薬により引き起こされる副作用で、高熱・発汗、意識のくもり、錐体外路症状(手足の震え、身体のこわばり、よだれ、飲食のしにくさなど)、自律神経症状(頻脈、血圧上昇など)、横紋筋融解症など ...

no image

副作用

薬剤惹起性うつ病

2020/7/27  

●概要 薬剤惹起性うつ病とは、治療を目的として投与された医薬品によって生じるうつのことである。 ●症状 ・眠れなくなった ・物事に興味がなくなった ・不安やイライラが出る ・いろんなことが面倒になった ...

Copyright© yakulab info , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.