下田 武

no image

副作用

急性好酸球肺炎

2020/7/27  

●概要 急性好酸球性肺炎とは、肺の炎症部位に好酸球が集まる肺炎のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 ●症状 ・空咳 ・息切れ、息苦しさ ・発熱 ●原因となる主な薬物 抗不整脈薬、抗が ...

no image

副作用

播種性血管内凝固(全身性凝固亢進障害、消費性凝固障害)

2020/7/27  

●概要 播種性血管内凝固(DIC)とは、主として、出血しやすくなる、また、全身の微小な血管障害および血管が詰まることにより臓器に障害が現れる。症状が重くなると、ショックやまれに溶血性貧血を伴う。 ●症 ...

no image

副作用

血栓症(血栓塞栓症、塞栓症、梗塞)

2020/7/27  

●概要 血栓症とは、血の塊(血栓)で血管が突然詰まる状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 血管の詰まる場所により、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓、深部静脈塞栓症と名称が異なる。 ●症状 ...

no image

副作用

血小板減少症

2020/7/27  

●概要 血小板減少症とは、出血時の止血、血液の凝固に重要な役割を果たす血小板が減少する状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 医薬品の使用が原因の場合、医薬品の服用を中止し、適切な ...

no image

副作用

無顆粒球症(顆粒球減少症、好中球減少症)

2020/7/27  

●概要 無顆粒球症とは、血液中の白血球のうち、好中球(顆粒球)が著しく減少することにより細菌に対する抵抗力が弱くなった状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 無顆粒球症になると体内 ...

no image

副作用

出血傾向

2020/7/27  

●概要 出血傾向とは、何らかの原因で止血に異常が生じたり、線溶系(固まった血液を溶かす系)が著しく活性化されたことにより、血が止まらない、出血しやすくなる状態のことであり、医薬品の使用により誘発される ...

no image

副作用

薬剤性貧血

2020/7/27  

●概要 貧血とは、血液中の赤血球数やヘモグロビンの濃度が減少し、体内の酸素が減少する状態のことであり、医薬品の使用により誘発される。 ヘモグロビンが減少すると、体内の酸素が少なくなり、また、代わりにそ ...

no image

副作用

再生不良性貧血

2020/7/27  

●概要 再生不良性貧血とは、骨髄でうまく造血できないため、血液中の赤血球、白血球、血小板のすべての血液が減少する状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 血球が減少するため、さまざま ...

no image

副作用

ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)

2020/7/27  

●概要 ヘパリン起因性血小板減少症とは、ヘパリンを抗凝固薬として使用することにより、突然、血小板が減少し、さらに血栓塞栓症状を起こる状態のことである。 ●症状 肺動脈が詰まる肺塞栓症の場合:呼吸困難、 ...

no image

副作用

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

2020/7/27  

●概要 血栓性血小板減少性紫斑病とは、止血に必要な細胞である血小板が不適切に活性化され、血小板凝集が起こり、支配領域に虚血性変化を引き起こし、様々な症状を呈する疾患のことであり、医薬品の使用により誘発 ...

Copyright© yakulab info , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.