下田 武

no image

副作用

運動失調

2020/7/27  

●概要 運動失調とは、手足の麻痺がないにも関わらず、様々な動作や運動が正しく円滑にできなかったり、ふらついてまっすぐ歩けない状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。通常、運動を行う場 ...

no image

副作用

急性散在性脳脊髄炎

2020/7/27  

●概要 急性散在性脳脊髄炎とは、ウイルス感染やワクチン接種により自己免疫が強くなり、神経線維を覆っている髄鞘が破壊される脱髄という現象が誘発されることで脳、脊髄、視神経に障害が生じる疾患である。 ●症 ...

no image

副作用

無菌性髄膜炎

2020/7/27  

●概要 無菌性髄膜炎とは、脳や脊髄を覆っている髄膜(軟膜・くも膜・硬膜)に炎症が生じる髄膜炎のうち、髄液培養で細菌・真菌が検出されない状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 ●症状 ...

no image

副作用

小児の急性脳症

2020/7/27  

●概要 急性脳症は、脳の急なむくみによって嘔吐や血圧・呼吸の変化、意識障害、痙攣などがみられる脳の危険な状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 ●症状 ・けいれんが5分間以上止まら ...

no image

副作用

非ステロイド性抗炎症薬による喘息発作

2020/7/27  

●概要 非ステロイド性抗炎症薬による喘息発作とは、アスピリンに代表される非ステロイド性抗炎症薬あるいは解熱鎮痛薬によって、発作が誘発される喘息のことであり、別名:アスピリン喘息とも言われる。 症状は特 ...

no image

副作用

急性肺損傷・急性呼吸窮迫症候群

2020/7/27  

●概要 急性肺損傷・急性呼吸窮迫症候群とは、敗血症(血液中に細菌などが侵入し増殖する状態)や肺炎などの経過中、誤嚥、多発外傷などの後に 急に息切れや呼吸困難が出現し、胸部のX線写真で左右の肺に影がみら ...

no image

副作用

間質性肺炎

2020/7/27  

●概要 間質性肺炎とは、肺胞壁に炎症や線維化が起こり、結果的に肺胞壁が厚くなり、酸素が取り込みにくくなることで動脈血液中の酸素が減少した状態(低酸素状態)となることであり、医薬品の使用により誘発される ...

no image

副作用

胸膜炎、胸水貯留

2020/7/27  

●概要 胸膜炎とは、胸膜における炎症の総称である。胸膜炎には、胸水が貯留しない乾性胸膜炎と貯留する湿性胸膜炎がある。 ●症状 ・息苦しい ・胸が痛い ●原因となる主な薬物 アミオダロン(抗不整脈薬)、 ...

no image

副作用

肺水腫

2020/7/27  

●概要 肺水腫とは、肺で血液の液体成分が血管の外に滲み出した状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 肺に液体成分が溜まるため、肺から酸素を取り込むことが困難となり呼吸が苦しくなる。 ...

no image

副作用

肺胞出血

2020/7/27  

●概要 肺胞出血とは、肺胞腔内に血液が出る状態のことであり、医薬品を使用することにより誘発されることがある。 出血量が少ない場合、少量の血痰であったり、全く気づかないうちに治癒することがある。肺胞出血 ...

Copyright© yakulab info , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.