年別アーカイブ:2020年

no image

副作用

甲状腺中毒症

2020/7/27  

●概要 甲状腺中毒症とは、血中の甲状腺ホルモンが高値になることにより甲状腺ホルモンの作用が過剰に出現した病態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。甲状腺中毒症には、甲状腺での甲状腺ホル ...

no image

副作用

低血糖

2020/7/27  

●概要 低血糖とは、血液中のブドウ糖濃度が低くなった状態であり、医薬品の使用により誘発される。 ●症状 血糖値が60〜70mg/dLの場合 ・冷や汗が出る ・気持ちが悪くなる ・急に強い空腹感を覚える ...

no image

副作用

薬剤性パーキソニズム

2020/7/27  

●概要 薬剤性パーキソニズムとは、医薬品の副作用としてパーキンソン症状が現れることである。 ●症状 ・動作が遅くなった ・声が小さくなった ・表情が少なくなった ・歩き方がふらふらする ・歩幅が狭くな ...

no image

副作用

白質脳症

2020/7/27  

●概要 白質脳症とは、大脳半球の白質(大脳皮質の神経細胞から出る神経繊維の集まり)が障害される状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 ●症状 ・歩行時のふらつき ・口のもつれ ・物 ...

no image

副作用

横紋筋融解症

2020/7/27  

●概要 横紋筋融解症とは、骨格筋の細胞が融解、壊死することにより筋肉の痛みや脱力などを生じる病態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 横紋筋融解症では、横紋筋が融解することにより筋肉 ...

no image

副作用

痙攣・てんかん

2020/7/27  

●概要 痙攣とてんかんは、症状が類似しているところがあり、しばしば混同されるが、医学的には異なる。 痙攣とは、発作的に起こる手足や体の筋肉の不随意な収縮のことであり、原因となる部位は、脳の他、脊髄、抹 ...

no image

副作用

ジスキネジア

2020/7/27  

●概要 ジスキネジアとは、自分で制御できないおかしな動き(自分では止められない、止めてもすぐに動いてしまうなど)の総称である。 ジスキネジアは多くの医薬品の使用で認められており、頻度の高いものとして、 ...

no image

副作用

ギラン・バレー症候群

2020/7/27  

●概要 ギラン・バレー症候群とは、一般に細菌・ウイルスなどによる感染症後、1〜3週の間に「両足の力が入らない(筋力低下)」や「しびれる(感覚異常)」などの症状を呈する病態であり、医薬品の使用により誘発 ...

no image

副作用

末梢神経障害

2020/7/27  

●概要 末梢神経障害(ニューロパチー)とは、運動神経、感覚神経、自律神経の働きが悪いことで起こる障害のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。 ●症状 ・手や足がピリピリと痺れる ・手や足 ...

no image

副作用

頭痛

2020/7/27  

●概要 医薬品の使用により誘発される頭痛には、使用後すぐに起こる頭痛と何回か使用して起こる頭痛がある。 使用後すぐに起こる頭痛として、脳の血管が拡張することで拍動性の痛みが生じるものや原因が明確になっ ...

Copyright© yakulab info , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.