副作用

麻痺性イレウス

●概要
麻痺性イレウスとは、腸管の動きが鈍くなり、排便が困難になることで起こる病気であり、医薬品の使用により誘発されることがある。

●症状
・お腹が張る
・著しい便秘
・腹痛
・吐き気
・嘔吐 など
これらの症状が持続する。

●原因となる主な薬物
鼻炎薬、アヘン系鎮痛薬、免疫抑制薬、抗精神病薬、鎮痙薬、頻尿・尿失禁治療薬、抗がん剤、α–グルコシダーゼ阻害薬(糖尿病治療薬)など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.