副作用

難聴

●概要
「難聴」は、中耳炎や高齢者でよく見られる症状であるが、医薬品の使用により誘発されることがある。医薬品の使用により誘発された難聴は、内耳(音を脳が感知するために電気信号に変換する場所)が障害された結果生じる。

●症状
・聞こえづらい
・ピーやキーンという耳鳴りがする
・耳がつまった感じがする
・ふらつく

●原因となる主な薬物
アミノグリコシド系抗菌薬 (ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシンなど)、抗がん剤(シスプラチン(白金製剤))、解熱消炎鎮痛薬(アスピリンなど)、ループ利尿剤(フロセミドなど)

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.