副作用

間質性腎炎

●概要
間質性腎炎とは、腎臓の尿細管やその周囲の組織(間質)に炎症を起こす状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
全身のアレルギー反応により発熱、発疹、腎臓が腫れることにより側腹部痛、腰部の張りを自覚することがある。
緩徐な経過で発症した場合には、無症状で経過し、健康診断などで偶然発覚することがあるが、進行すると、腎機能が低下し、透析を必要とする場合があります。

●症状
発熱
発疹
側腹部の痛み
腰部の張り
血尿
節々の痛み
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛
むくみ
尿量が少なくなる など

●原因となる主な薬物
抗菌薬、消化性潰瘍薬、抗結核薬、解熱鎮痛薬、抗てんかん薬、痛風治療薬 など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.