副作用

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

●概要
血栓性血小板減少性紫斑病とは、止血に必要な細胞である血小板が不適切に活性化され、血小板凝集が起こり、支配領域に虚血性変化を引き起こし、様々な症状を呈する疾患のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。

●症状
発熱
倦怠感
脱力感
悪心
食欲不振
あおあざができる
鼻や歯茎からの出血
尿量の減少
皮膚や白目が黄色くなる
軽度の頭痛、めまい、痙攣 など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.