副作用

血小板減少症

●概要
血小板減少症とは、出血時の止血、血液の凝固に重要な役割を果たす血小板が減少する状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
医薬品の使用が原因の場合、医薬品の服用を中止し、適切な管理・治療を行うと、多くの場合、約1週間ぐらいで血小板数は回復する。

●症状
手足に点状の出血
青あざができる
歯茎からの出血
鼻血・生理が止まりにくい

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.