副作用

薬物性肝障害

●概要
薬物の化学変化は肝臓で行われることが多く、さまざまな化学物質が肝臓に出現するため、医薬品の使用により肝臓が障害される「薬物性肝障害」が誘発される場合がある。

●症状
・倦怠感
・食欲不振
・発熱
・黄疸
・発疹
・吐き気・おう吐
・かゆみ など

●原因となる主な薬物
解熱消炎鎮痛薬、抗がん剤、抗真菌薬、 漢方薬など、さまざまな医薬品

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.