副作用

薬剤性貧血

●概要
貧血とは、血液中の赤血球数やヘモグロビンの濃度が減少し、体内の酸素が減少する状態のことであり、医薬品の使用により誘発される。
ヘモグロビンが減少すると、体内の酸素が少なくなり、また、代わりにそれを補うために心臓から多量の血液を体内に送り出す作用も同時に出現する。

●症状
顔色が悪い
疲れやすい
だるい
頭が重い
どうき
息切れ など

●原因となる主な薬物
抗生物質、解熱鎮痛消炎薬、消化性潰瘍治療薬 など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.