副作用

薬剤性パーキソニズム

●概要
薬剤性パーキソニズムとは、医薬品の副作用としてパーキンソン症状が現れることである。

●症状
・動作が遅くなった
・声が小さくなった
・表情が少なくなった
・歩き方がふらふらする
・歩幅が狭くなった
・一歩目が出ない
・手が震える
・止まれず走り出すことがある
・手足が固い など

●原因となる主な薬物
胃腸薬、抗精神病薬 など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.