副作用

薬剤による接触性皮膚炎

●概要
接触性皮膚炎は、一般に「かぶれ」とよばれており、これは外部から皮膚についた化学物質が原因となって、皮膚にかゆみや痛みを起こさせ、赤くなる、腫れる、ブツブツが出る、ただれるなどの炎症を起こす病気であり、医薬品の使用により誘発されることがある。
かぶれには、刺激性接触性皮膚炎、アレルギー性接触性皮膚炎、光毒性接触性皮膚炎、光アレルギー性接触性皮膚炎がある。

●症状
・ひりひりする
・赤くなる
・かゆくなる
・ブツブツが出る
・汁などが急に出てくる

●原因となる主な薬物
刺激性接触性皮膚炎
濃度の濃い消毒薬、ローション剤、クリーム剤
アレルギー性接触性皮膚炎
抗真菌外用剤、抗菌外用剤、抗炎症外用剤
光毒性接触性皮膚炎、光アレルギー性接触性皮膚炎
ケトプロフェンを含有する外用剤

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.