副作用

腫瘍崩壊症候群

●概要
腫瘍崩壊症候群とは、悪性腫瘍の治療の際に、腫瘍細胞が破壊されることにより、血中の尿酸が増加する、電解質バランスが崩れる(高K血症、高P血症、低Ca血症)、血液が酸性になる、腎臓から尿の産生が減少するなどの異常を生じることである。

●予防法
・水分を多く摂る
・尿酸産生抑制薬であるフェブキソスタットを治療開始1〜2日前から予防的に服用する
・体をアルカリ性にするためにクエン酸塩、炭酸水素ナトリウムを服用する
・尿酸を分解するラスブリカーゼを予防的に投与する

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.