副作用

緑内障

●概要
緑内障とは、眼圧が高いなどの原因により視神経が障害され、視野に中に見えない部分ができたり、視野が狭くなる状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
医薬品による緑内障は、房水(眼球を満たしている水)の排出が障害され、眼圧が高まることにより誘発される。急激に発生するものと、慢性に進行するものがある。放置すると重篤な状態に至ることがあるため、早期に対応する必要がある。

●症状
急性症状

・目の充血
・目の痛み
・目のかすみ
・頭痛
・吐き気
慢性に進行する症状
・視野の中に見えない部分がある
・視野が狭くなる

●原因となる主な薬物
散瞳薬、睡眠薬、抗うつ薬、副腎皮質ステロイド薬

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.