副作用

網膜・視路障害

●概要
網膜・視路障害とは、網膜と視神経や視路(網膜の情報が視神経を経て脳の第一次視覚中枢に至る経路)に現れる変化のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
一般的に両方の目に同時に同程度現れるが、ときに片眼からはじまることもある。
放置しておくと、元にもどりにくくなるため、早めに対処することが重要である。

●症状
・視力が下がる
・近くのものにピントが合いにくい
・色が分かりにくくなる
・暗くなると見えにくくなる
・視野が狭くなる
・視野の中に見えない部分がある
・光りが見える
・ものがゆがんで見える など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.