副作用

痙攣・てんかん

●概要
痙攣とてんかんは、症状が類似しているところがあり、しばしば混同されるが、医学的には異なる。
痙攣とは、発作的に起こる手足や体の筋肉の不随意な収縮のことであり、原因となる部位は、脳の他、脊髄、抹消神経、筋肉など様々である。
それに対して、てんかんとは、脳の神経細胞に異常な興奮が起こり、発作性あるいは周期性で発作を繰り返す病態のことであり、顔面、手足の筋肉が強直したり、意識を失ったり、音や光を感じるものまで様々な型が存在する。

●症状
・顔や手足の筋肉がピクつく
・一時的にボーとして意識が薄れる
・手足の筋肉が硬直し、ガクガクと震える

●原因となる主な薬物
解熱鎮痛消炎薬、抗生物質 など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.