副作用

消化性潰瘍

●概要
消化性潰瘍とは、胃や十二指腸の粘膜があれることであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
消化性潰瘍の一番の原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌による感染があるが、その次に多い原因が解熱消炎鎮痛薬の服用である。

●症状
・胃のもたれ
・食欲の低下
・胸焼け
・吐き気
・胃が痛い
・空腹時にみぞおちが痛む
・便が黒くなる など

●原因となる主な薬物
解熱消炎鎮痛薬、総合感冒薬、痛み止め、副腎皮質ステロイド剤、骨粗鬆症治療薬

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.