副作用

横紋筋融解症

●概要
横紋筋融解症とは、骨格筋の細胞が融解、壊死することにより筋肉の痛みや脱力などを生じる病態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
横紋筋融解症では、横紋筋が融解することにより筋肉の成分であるミオグロビンが血液中に流出し、腎臓の尿細管が障害を受ける結果、急性腎不全を起こすことがある。横紋筋融解症は、多臓器不全などを併発し、生命に危険が及んだり、回復しても重篤な障害を残す可能性がある危険な副作用である。そのため、速やかな対応により腎機能の保護をはかり、回復の可能性を高める必要がある。

●症状
・手足、肩、腰・そのほかの筋肉が痛む
・手足が痺れる
・手足に力が入らない
・こわばる
・全身がだるい
・尿の色が赤褐色になる

●原因となる主な薬物
高脂血症薬、抗生物質(ニューキノロン系)など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.