副作用

末梢神経障害

●概要
末梢神経障害(ニューロパチー)とは、運動神経、感覚神経、自律神経の働きが悪いことで起こる障害のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。

●症状
・手や足がピリピリと痺れる
・手や足がジンジンと痛む
・手や足の感覚がなくなる
・手や足に力が入らない
・物が掴みづらい
・歩行時につまずく
・椅子から立ち上がれない
・階段をのぼれない など

●原因となる主な薬物
高脂血症治療薬(HMG–CoA還元酵素阻害薬)、抗悪性腫瘍薬(ビンクリスチン、パクリタキセル、シスプラチンなど)、抗ウイルス薬(抗HIV薬)、抗結核薬(イソニアジド、エタンブトール)など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.