医薬品情報

整腸剤の使い分け

整腸剤の使い分け

整腸剤には「生菌製剤」と「耐性乳酸菌製剤」があり、それぞれの適応が「腸内菌叢の異常による諸症状の改善」「抗生物質、化学療法剤投与時の異常による諸症状の改善」となっており、生菌製剤と耐性乳酸菌製剤の使い分けはされていますが、生菌製剤は適応症が同じであるため、明確な使い分けはされていません。

そんな中で、
・生菌製剤に含まれる菌(糖化菌、ラクトミン、ビフィズス菌、酪酸菌)の特徴
・ビオフェルミン配合散とビオフェルミン配合錠の違い
・抗生剤と併用できる生菌製剤
など を把握することで整腸剤の使い分けをできると考え動画にまとめました

https://youtu.be/bqWtG1BTHok

-医薬品情報

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.