副作用

急性腎障害(急性尿細管壊死)

●概要
急性腎障害とは、様々な原因で腎臓の機能が短期間に低下することであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
急性腎不全になると、老廃物を体外に排泄することができず、高窒素血症状態となり、重度の場合、人工透析をしないといけない状態となることがある。慢性腎炎や糖尿病性腎症によりゆっくりと進行する慢性腎不全と異なり、原因を取り除くことにより、多くの場合進行を止め、改善させることが可能である。

●症状
・尿量が少なくなる
・ほとんど尿がでない
・一時的に尿量が多くなる
・発疹
・むくむ
・体がだるい など

●原因となる主な薬物
解熱鎮痛薬、高血圧治療薬(特にアンギオテンシン変換酵素阻害薬)、抗菌薬(アミノグリコシド系、ニューキノロン系抗菌薬)、造影剤(ヨード造影剤)、抗がん剤(特に白金製剤) など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.