副作用

急性肺損傷・急性呼吸窮迫症候群

●概要
急性肺損傷・急性呼吸窮迫症候群とは、敗血症(血液中に細菌などが侵入し増殖する状態)や肺炎などの経過中、誤嚥、多発外傷などの後に
急に息切れや呼吸困難が出現し、胸部のX線写真で左右の肺に影がみられる状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。

●症状
・息が苦しい
・痰・咳が出る
・呼吸がはやくなる
・脈がはやくなる

●原因となる主な薬物
抗がん剤、抗リウマチ薬、血液製剤 など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.