副作用

急性散在性脳脊髄炎

●概要
急性散在性脳脊髄炎とは、ウイルス感染やワクチン接種により自己免疫が強くなり、神経線維を覆っている髄鞘が破壊される脱髄という現象が誘発されることで脳、脊髄、視神経に障害が生じる疾患である。

●症状
・頭痛
・発熱
・嘔吐
・意識が混濁する
・目が見えにくい
・手足が動きにくい
・歩きにくい
・感覚が鈍い など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.