副作用

出血傾向

●概要
出血傾向とは、何らかの原因で止血に異常が生じたり、線溶系(固まった血液を溶かす系)が著しく活性化されたことにより、血が止まらない、出血しやすくなる状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
出血が進行すると、次第に貧血状態となり、さらには慢性的な出血の場合は鉄欠乏性貧血をきたすことがある。また、出血部位により様々な症状を呈することがある。

●症状
・手足の点状の出血
・あおあざができやすい
・皮下出血
・鼻血
・過多月経
・歯茎の出血

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.