副作用

再生不良性貧血

●概要
再生不良性貧血とは、骨髄でうまく造血できないため、血液中の赤血球、白血球、血小板のすべての血液が減少する状態のことであり、医薬品の使用により誘発されることがある。
血球が減少するため、さまざまな症状が出現する。

●症状
・青あざができやすい
・歯茎や鼻の粘膜からの出血
・発熱
・のどの痛み
・皮膚の粘膜が青白く見える
・疲労感
・動悸
・息切れ
・めまい
・血尿 など

●原因となる主な薬物
抗がん剤、抗生物質、解熱消炎鎮痛薬、抗てんかん薬 など

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.