医薬品情報

ワルファリンカリウム

薬剤名

ワルファリンカリウム

概要

・腐ったスイートクローバーを食べた牛が出血が止まらなくなったことをきっかけに発見された
・血栓塞栓症の治療および予防に臨床適用され、その有効性が認められている
・プロトロンビン時間を測定することで、個々の患者の病態に合わせて治療コントロールを行うことが可能である
・食品や多くの薬剤と相互作用を起こすため、食事、併用薬に注意する必要がある

代表的な商品

ワーファリン顆粒/錠

構造

分類

経口抗凝固薬

作用機序

肝臓でビタミンKと拮抗し、ビタミンK依存性凝固因子である第Ⅱ(プロトロンビン)、Ⅶ、Ⅸ、Ⅹ因子の産生を阻害することによりフィブリンの形成を阻害する。

適応症・用量

血栓塞栓症(静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、緩徐に進行する脳血栓症等)の治療および予防

<用量の設定>
INRに基づき投与量の設定を行う

警告

本剤とカペシタビンとの併用により、本剤の作用が増強し、出血が発現し死亡に至ったとの報告がある。
併用する場合には血液凝固能検査を定期的に行い、必要に応じ 適切な処置を行うこと。

禁忌

・出血している患者
(血小板減少性紫斑病、血管障害による出血傾向、血友病その他の血液凝固障害、月経期間中、 手術時、消化管潰瘍、尿路出血、喀血、流早産・分娩直後等性器出血を伴う妊産褥婦、頭蓋内出血の疑いのある 患者等)
・出血する可能性のある患者
(内臓腫瘍、消化管の憩室炎、 大腸炎、亜急性細菌性心内膜炎、重症高血圧症、重症糖 尿病の患者等)
・重篤な腎障害のある患者
・重篤な肝障害のある患者
・中枢神経系の手術又は外傷後日の浅い患者
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・妊婦又は妊娠している可能性のある女性
・骨粗鬆症治療用ビタミンK2(メナテトレノン)製剤を 投与中の患者
・イグラチモドを投与中の患者
・ミコナゾール(ゲル剤・注射剤・錠剤)を投与中の患者

体内動態

本剤の代謝に関与する主な肝薬物代謝酵素CYPの分子種はCYP2C9(光学異性体のS体)であり、CYP1A2、CYP3A4(光学異性体のR体)も関与する。

相互作用

相互作用を起こす薬物が多数報告されているため、併用薬を確認する必要がある。

<相互作用の概要>
骨粗鬆症治療薬ビタミンK2製剤(メナテトレノン)、イグラチモド、ミコナゾールと併用禁忌とされている。
・本剤はCYPにより代謝されるため、CYP誘導薬、阻害薬により本剤の血中濃度が変動することがある。
・血漿タンパク結合率が高いため、血漿タンパク結合率の高い薬物と併用すると、血漿タンパク置換により本剤の作用が増強することがある。
・甲状腺ホルモン製剤、抗甲状腺薬により本剤の作用が変動することがある。
・血液凝固能を低下させる薬(抗凝固薬、抗血小板薬、血栓溶解薬、セロトニン再取り込み阻害薬)との併用により出血を助長することがある。
・ビタミンK含有食品(納豆、クロレラ、青汁など)により本剤の作用が減弱することがある。

副作用

重大な副作用
出血
皮膚壊死
カルシフィラキシス
肝機能障害・黄疸

その他の副作用
過敏症(発疹、瘙痒症、紅斑、蕁麻疹、皮膚炎、発熱)
肝機能検査異常
消化器症状(悪心・嘔吐、下痢)
皮膚(脱毛)
その他(抗甲状腺作用)

補足

作成日:2020/10/24
医薬品を使用する際には、必ず最新の情報を添付文書で確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.