副作用

ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)

●概要
ヘパリン起因性血小板減少症とは、ヘパリンを抗凝固薬として使用することにより、突然、血小板が減少し、さらに血栓塞栓症状を起こる状態のことである。

●症状
肺動脈が詰まる肺塞栓症の場合:呼吸困難、胸痛
手や足の血管が詰まった場合:腫脹、疼痛、循環障害による皮膚の変色
脳の血管が詰まる脳梗塞の場合:意識障害、けいれん、運動感覚障害
心臓の血管が詰まる心筋梗塞の場合:胸痛、悪心、ショック症状、脈の乱れ

-副作用

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.