医薬品情報

プロトンポンプ阻害薬(PPI)

薬の効果と作用機序

胃酸が体内で過剰に分泌されると胃粘膜を障害したり、胃酸が逆流して食道の粘膜の炎症の原因となる。
このことにより、胃酸の過剰分泌は、胃潰瘍などの消化性潰瘍や逆流性食道炎などを誘発する要因となる。
プロトンポンプ阻害薬は、胃粘膜の壁細胞に存在するプロトンポンプの作用を抑制することにより胃酸分泌を強力に抑制することで、消化性潰瘍や逆流性食道炎などによる胃痛や胸やけなどの症状を改善したり再発を抑える効果を示す。
また、低用量アスピリン服用中の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の発生を抑える目的で使用されたり、ヘリコバクター・ピロリの除菌治療の薬剤の一つとして使用されることがある。

PPIには、プロトンポンプに非可逆的に結合する薬剤(一般名の語尾が「〜プラゾール」)とカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive Acid Blocker:P-CAB)が存在する。これらは共に作用点は同じであるが、作用機序が異なる。

【〜プラゾールの作用機序】
消化管から吸収された後、胃粘膜壁細胞の酸産生部位に移行し、酸による転移反応を経て活性体へと構造変換される。この活性体がプロトンポンプである H,K-ATPaseのSH基と結合し、酵素活性を抑制することにより、酸分泌を抑制すると考えられる。

【P–CABの作用機序】
活性化を必要とせず、カリウムイオンに競合的な様式でプロトンポンプを阻害し、胃酸分泌を抑制する。

代表的な薬剤(商品名)

・オメプラゾール
(オメプラール)
・エソメプラゾールマグネシウム水和物
(ネキシウム)
・ランソプラゾール
(タケプロン)
・ラベプラゾールナトリウム
(パリエット)
・ボノプラザンフマル酸塩
(タケキャブ)

薬剤ごとの特徴

オメプラゾール

・世界初のプロトンポンプ阻害薬
・CYP2C19により代謝されるため、CYP2C19のPMでは作用が強く現れることがある
・CYP2C19により活性化されるクロピドグレルの作用を減弱させる

エソメプラゾールマグネシウム水和物

・ラセミ体であるオメプラゾールの一方の光学異性体(S体)を含有し、オメプラゾールと比べて薬物動態及び薬力学作用の個体間変動が小さくなるよう開発された単一光学異性体のPPIである

ランソプラゾール

・アスピリンとの合剤であるタケルダに含有されている

ラベプラゾールナトリウム

・他の薬剤との相互作用が少なく、他剤と併用しやすい

ボノプラザンフマル酸塩

・新しいメカニズムのカリウムイオン競合型アシッドブロッカーであり、胃の壁細胞に集積して酸分泌を抑制する
・速やかで優れた酸分泌抑制が期待できる
・塩基性が強く、また酸性環境下でも安定なため、分泌細管に高濃度に集積し、長時間残存するため、血中薬物濃度の低下後に、新たに分泌細管の膜上へ移動してきたプロトンポンプも阻害することができると考えられる

-医薬品情報

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.