医薬品情報

ピオグリタゾン塩酸塩

薬剤名

ピオグリタゾン塩酸塩

概要

・1日1回の投与で優れた血糖改善効果を示すインスリン抵抗性改善剤
・膵臓からインスリン分泌を増加させることなく、血糖降下作用を示す
・1年以上にわたって安定した血糖コントロールが得られる
・投与中は体重増加、浮腫、心不全等に関するモニタリングが必要
・脳性ナトリウム利尿ペプチドが100pg/mLで中止を検討
・本剤投与による膀胱癌の発生リスクが増加する可能性を否定できないため、膀胱癌治療中の患者には投与を避けること、膀胱癌の既往を有する患者には本剤の有効性及び危険性を十分に勘案した上で、投与の可否を慎重に判断すること

代表的な商品

アクトス錠15/30
アクトスOD錠15/30

構造

分類

インスリン抵抗性改善薬

作用機序

インスリン受容体のインスリン結合部以降に作用してインスリン抵抗性を軽減し、 肝における糖産生を抑制し、 末梢組織における糖利用を高め血糖を低下させる。
この作用は、インスリン抵抗性の主因である細胞内インスリン情報伝達機構を正常化することによると推測される。

<薬理作用>
・末梢組織におけるインスリン作用増強
・肝におけるインスリン作用増強
・インスリン受容体作用増強
・TNF–α産生抑制作用

適応症

2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られずインスリン抵抗性が推定される場合に限る。
1.①食事療法、運動療法のみ
②食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
③食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用
④食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用
2.食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用

禁忌

・心不全の患者及び心不全の既往歴のある患者
[動物試験において循環血漿量の増加に伴う代償性の変化と考えられる心重量の増加がみられており、また、臨床的にも心不全を増悪あるいは発症したとの報告がある。]
・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者
[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となる。]
・重篤な肝機能障害のある患者
・重篤な腎機能障害のある患者
・重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者
[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・妊婦又は妊娠している可能性のある女性

相互作用

<併用注意>
・糖尿病用薬、血糖降下作用を増強する薬との併用により低血糖のリスク可能性が高くなる

・酵素誘導薬により本剤の作用が減弱することがある

副作用

1)主な副作用
貧血、血圧上昇、動悸、胸部圧迫感、顔面潮紅、発疹、かゆみ、吐き気、嘔吐、胃部不快感、胸やけ、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘、食欲亢進、食欲不振、めまい、ふらつき、頭痛、眠気、倦怠感、脱力感、しびれ、体重増加、糖尿病網膜症の悪化、息切れなど

2)重大な副作用
・心不全[むくみ、急激な体重増加、息切れ、動悸]

・浮腫[むくみ、急激な体重増加]
・肝障害・黄疸[食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる]
・低血糖[冷や汗がでる、空腹感、手足のふるえ]
・横紋筋融解症[脱力感、筋肉痛、褐色の尿]
・胃潰瘍の再燃[みぞおちの痛み、吐き気、黒色の便]
・間質性肺炎[発熱、せき、呼吸困難]


作成日:2020/11/14
医薬品を使用する際には、必ず最新の情報を添付文書で確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakulab info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.